第902回 新年明けましておめでとうございます

謹賀新年、本年もよろしくお願いいたします。

まあ、地球温暖化と言ったところで、冬はそれなりに寒いし、豪雪地帯には想像を絶するような雪が積もったりする訳です。

関西北部では年末に大雪が降りまして、それも日頃余り大雪が降らない滋賀では、高速道路は通行止めになるは、在来線は止まるは、それはもう交通網はずたずたになった訳です。毎年、北陸や東北の幹線道路で多くの車両が大雪の為に立ち往生するのですが、昨年末は彦根や長浜でも起きまして驚きました。

ただ京都の正月は天気に恵まれ、陽射しが暖かく過ごし易かったですね。私的には、1月にはクロワールアイのTSVが有りますので、恒例の下鴨神社に初詣に出かけた位で、基本的に外出は控えて家で過ごしておりました。年末年始とテレビを視てもどのチャンネルも同じようなタレントが同じような番組をやっていまして、箱根駅伝やラグビーをテレビ観戦した位で、殆どビデオで撮り貯めしていた映画を観て時間を潰しておりました。

今年は寅年、「虎は千里往って千里還る」という位、勢い盛んな動物です。私も66歳になり、今更勢いが良い年齢とは言えませんが、それなりに頑張っていきたいと思っております。やはり引き続き気を掛けなければならないのは、自分の健康のことです。最早、老化というのは避けようが無い事ですが、日頃の生活習慣、特に食生活や睡眠、運動、ストレスなどには注意しなければならないでしょう。あとこの歳になって実感するのは孤独にならないようにすることです。多分、今一人になったとしたら、一日口をきかなくなるのでは無いかと。そう思うと、いくら娘に脛をかじられても、嫁に怒られようとも家族は大切ですな。何だかんだ言っても、それなりに優しくしてくれるし。

結構衝撃的であったのが、去年の暮れに内閣府が発表した北海道から東北沖でM9クラスの地震が起きて、最大で20万人近くが死亡するって話です。少し前に終了したテレビドラマ「日本沈没」で私的に大地震には、かなりビビっていたのですが、国がこういうことを公式にアナウンスするってかなりのことです。ドラマでも初めに関東地方が沈むと言う時に、政府が一番危惧したのは、日本株や円相場、不動産価格の暴落であったのです。この内閣府の発表で少なくとも津波の被害が起きそうな場所の不動産価格は暴落でしょう。まあ、「国はこういう最大級の地震の発生の頻度は極めて低い」としています。それでも、日本には他にも南海トラフも首都直下地震も高い確率で発生するというし、かと言って気を付けようにも実際何をしたらいいか分かりませんね。京都は、災害が本当に少ない土地で、流石長く都があった場所です。ですから、京都に大きな被害が及んだら、日本全体にはかなりのダメージがあるのでは無いかと思います。よって私に出来ることは、食料品や飲料水の備蓄をするくらいです

あと驚いたのが、これも暮れに起きた大阪キタでの放火事件です。大阪キタの雑居ビル内の心療内科医院でこの医院に通う患者がガソリンによる放火して、ここの医師や患者が25名亡くなった痛ましい事件です。この放火事件は犯人の身勝手な動機で多くの方が尊い命を失った悲惨な出来事で、亡くなった方にはお気の毒と言うしかありません。私が何に驚いたのかというと、その小さな心療内科医院に大阪だけで600人以上が通院していて、平日の午前中だというのに何十人もの方が治療に訪れていたことです。今迄日本がとってきたのがアベノミクスという新自由主義の経済運営です。新自由主義というのは、国民に格差をもたらします。要は、勝ち組、負け組がはっきり色づけされ、一回負け組に入るとそこから抜け出すのは容易では有りません。若くして職を失ったり、安易に楽な事に流されることにより生活を維持する事さえままならなくなる、家に閉じこもり、人と会話さえしなくなる「こんな筈では」と後悔したところで人生はリセットも出来ません。そういう悩みを抱えた方々が、心療内科を頼るというのは時代の流れなのかも知れません。

昔、知り合いとの飲み会に、知り合いの友人の精神科医が同席したことが有ります。夜遅かったのですが、その精神科医の携帯電話が頻繁に鳴るのです。その都度、表に出て会話していたようですが、全て患者さんからの電話で有りました。先生曰く、TPOに関係無く患者さんに接しないと最悪自殺してしまう可能性があるということで、「大変なんだな」と思った印象が有ります。

私には、心療内科に通う方々の気持ちが分かりませんが、思いつめたり、追い込まれることで刹那的に行動してしまうのでしょう。暮れに、歌手の神田沙也加さんが亡くなったのもそういうことがきっかけかも知れません。だからといって、このような精神的にも経済的にも追い込まれてしまった方々を自己責任と突き放すつもりは有りません。やはり立ち直りたいと希望する方々に対し、公なセーフティーネットを作ることは、こんな世の中絶対に必要であると思います。

いずれにして、命というのは尊く、大切なものだと思います。その命を日本人が支え合うことが必要だと思いますね。

既に多くの会社が仕事始めしたと思いますが、それを待っていたようにコロナ感染再爆発であります。大体、オミクロンという感染力が強い変異種が各地でちらほら見つかっていたので時間の問題だと思っていましたが、案の定でワクチン接種なんて最早関係無しです。願わくは、感染しても重症化しないで無症状まま治っちゃうことですが、それとて感染しても前みたいに病院にも入れず、自宅で放置されて症状が悪化なんて堪りませんし、充分有り得ることです。見たところ、アメリカでは既に防疫を放棄してコロナに危機感も持っていません。そんなアメリカ人を沖縄始め全国の米軍基地で無検査で受け入れているんですから、まだまだ増えますね。今のアメリカ一日の感染者がなんと100万人越えというんですから、まあ想像絶する人数です。

それでもテレビでやっているアメリカのプロレス放送、あれだけ大人数が密状態で殆どがマスクしていません。それでもアメリカの株価は上がるし、消費も堅調と、お爺ちゃんはもう訳が分かりません。

年初から波乱に満ちた幕開けで有りますが、今年一年頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする